雰囲気や診察の流れを知ろう

病院

気になる症状があり、京都の肛門科を受診しようと考えている人もいるかもしれませんが、あまり馴染みのない診療科目であり、なかなか行く勇気が出ないという人も多いものです。実際には京都の肛門科の雰囲気は、ほかの診療科と比べてもさほど変わりはありません。そのためほかの診療科を受診するときと同じように、リラックスした状態で来院するとよいでしょう。受診する人は年齢や男女問わず様々です。また診察の際に気になることとして、どのような格好をすればよいのか、特に女性は気になることでしょう。診察の際には服を脱がなければならなかったり、恥ずかしいと感じるような体勢をとることも考慮されているため安心して受診しましょう。また恥ずかしさだけではなく、痛みがあるのではないかと気になる人もいるかもしれません。診察では触診や指診を行うことになりますが、痛みを感じることのないように配慮がなされています。診療の流れについても、ほかの診療科とほとんど同じです。最初に問診を行って、どのような症状があるのか、生活習慣、現在の排便の様子などを伝えます。その後診察や検査を行うことになりますが、触診や指針の際にはゴム製の手袋をしてゼリー状の薬剤を使用し、極力痛みがないような配慮がなされます。診察や検査が行われた後に、詳しい治療法の説明がなされることになります。場合によっては治療と合わせて、生活習慣の改善のためのアドバイスなどが行われることでしょう。

どのような症状に効果が期待できるのか

医者と事務員

京都の肛門科を訪れる人の主な症状としては、出血や痛みをはじめとし、さまざまな症状があります。その一つ目が排便時に出血があるもので、出血の仕方により考えられる疾患も異なります。また肛門部に痛みがある場合にも痛みの出方により考えられる疾患が異なるでしょう。そのほかにも肛門から脱出する組織があったり、下着が汚れるなどのケースで受診する人が見られます。痔のような症状があり、痔だろうと市販薬などを使って治療しようと考える人もいるかもしれませんが、それが必ずしも痔であるとはかぎりません。似たような症状があらわれるその他の疾患も数多くあり、実際に専門医の診察を受けるまでは、どのような病気や症状なのかは判断することはできません。場合によっては重篤な疾患であり手遅れになる可能性もあるため、気になる症状がある場合には早めに受診する必要があります。受診することによりどのような作用が期待できるのかというと、軽い症状であれば薬の処方で済ませられるでしょう。たとえ進行した状態であっても、注射や日帰り手術で多くが治癒に向かいます。

広告募集中